2005.03.18

南国エロス、再び!

今日は、先日の「郵便処刑執行人」のビジュアルに続き、ロマンレーベルの「Private Lesson」改め「ミルキィシャワー 快楽授業」のビジュアルの話し。

ロストイノセンス青の果実」「ロストイノセンス赤の果実」に続く南国エロス。

舞台は、とある南国の島(撮影場所は、「ロストイノセンス」シリーズと同じフランス領マルティニーク島)にある花嫁修行学校。生徒は良家のお嬢様ばかり。そのウワサを聞きつけた主人公(女の子:名前はクレモンティーヌ)が調査をするために潜入。そこにはフェロモンたっぷりの校長、逞しい男性教師や庭師、そして妖精の様に美しい女生徒たち。
酒を飲んでものまれるな、波に乗ってものまれるなというけれど、朱に交わればなんとやらで、クレモンティーヌは調査するはずが、その快楽授業に溺れていく。
というか、最初から調査する気があったのか?という感じ。
南国の開放的な雰囲気と、美少女たちの戯れが絶妙なハーモニーを奏でて、エロス度もかなり高い。

さて、そしてビジュアル製作になるのだが、テーマは「南国エロスの青空教室」。青空の下、ビーチに黒板を立て、セクシーな教師が体位やら何やらを説明。裸の女生徒たちが熱心に聞き入る、というもの。
既に第一弾のラフを見たが、絵にしてみると、これがなかなか面白いシチュエーション。生徒たちのお尻が5つくらい並ぶとそれはもう迫力満点。お尻をリスペクトするアルバトロス・ロマンは、最近のジャケットでは一つのお尻に入れ込んでいたが、やっぱりいっぱいあるのもいいものですね。
あとはこのビジュアルを作り込んでいく作業が続く。

学校ものといえば、前に「スクールオークション」という作品があったが、そちらは場所が教室だったので、ちょっと背徳の感じ(内容もオークションものなので)がしたが、こちらは青空の下だからかなり明るい雰囲気で新鮮です。ちょうど「スクールオークション」と「ロストイノセンス青の果実」を足して2で割った感じかも。
しかもこの「スクールオークション」と「ロストイノセンス青の果実」はどちらも大人気。
「ミルキィシャワー 快楽授業」も期待できそうです。

[アルバトロス・ロマン] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58959/3344653

この記事へのトラックバック一覧です: 南国エロス、再び!: