2005.05.16

ワーキング・ガールシリーズ!

先日のブログで、8月リリースの「ミルキィシャワー 快楽教室」のジャケットを公開したが、10月からアルバトロス・ロマンは「ワーキング・ガール」シリーズに突入する。

その名の通り、働く女性に焦点をあてたエロス・シリーズだ。現代の社会は、男女雇用機会均等法の施行もあり、多くの女性が社会で活躍している。そんな今だからこそ?職業別のエロス・シリーズだ。

第一弾は、原題「Passionate Deseptions」。女刑事モノである。セクシー刑事が事件を解決!とは、昔からある王道であるが、ジャケットはルパンの不二子ちゃんのようなナイス・バディの女性をイメージして作っています。

今後は、メイド、作家、下着屋さん、画廊のオーナー、ダンサーなどと続きますのでご期待ください。

しかし、タイトルはまだ決まっていない。。。私は、潜入捜査の「アンダーカバー」と美女の「カバーガール」をかけて「アンダーカバーガール」としたが、インパクトなくあえなく却下。
そこででてきたのが、「クライマックス刑事(デカ)」。なんともおもしろく、インパクトがあるけれども、冷静に考えようということになり、再考。

タイトル会議では、その人のあだ名を「クライマックス」にしよう!なんて盛り上がり、作品中のセリフも

「おい、クライマックス、捜査はうまくいってるか?」

とか変えたりして。。ちょっとやりすぎかな。

「太陽に吠えろ」の「ジーパン」や「ロッキー」みたいになってきた。
なんていうと軍団の人に怒られそうだが。。

ちなみにこのセクシー刑事はロス市警所属で、七曲り署ではありません。

早くタイトル決めないと、資料が完成しない。。再度の会議は今週です。

[アルバトロス・ロマン] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58959/4155294

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキング・ガールシリーズ!: