2006.04.13

パワーアップしたアルバトロス

昨日は冬服、今日は春服。めまぐるしく変わる最近の気温の変化に皆様はついて行けているでしょうか?かく言う私は一昨日風邪をひいて沈没しておりました。グループ会社内でも3人は体調がすぐれないまま、デスクにかじりついていました。休めっちゅうねん!て感じですが。しかし仕事は待ってくれず、です。

さてさて。アルバトロスHPの常連様はお気づきかと思いますが、アルバトロスのHPがリニューアルしています。どこがって?それは一挙にご紹介するDVDの作品数が増加しているトコロです。バナーも新しく追加になっています。アルバトロスはこっそり増殖を繰り返し、コンテンツ制作&販売会社として知らない間にあなたのすぐ隣まで触手を伸ばしております・・・・の訳はない。それじゃぁ、アルバトロスの作品そのままぢゃないか!
実はグループ会社のパンド株式会社と一体となったのです。今までなかった「台湾TVドラマ」や「バラエティもの」「音楽もの」「アイドル」と扱うジャンルも多岐に渡っています。業界内の一部では知られたことですが、一般の方には何のことだか・・・・この場をおかりして告知させていただきます!アルバトロスはパワーアップしました!!!一ヶ月前のことです!ゴメンナサイ、今まで黙っていました!
パンドのファンの方はパンドが消滅したのではないかとご心配されていたりして。旧パンドはここに生息しておりますのでご心配なく。
あー、今後は
「サンド株式会社さんですか?」
「いえ、パンドです」
「タンドですか?」
「パンドです」
「タンゴですね」
「パポプペポのパのパンドです」
「失礼しました、ファンドさんですね?」
だからぁぁぁぁ!という素人漫才を電話でやる機会もなくなっちゃったわけです。ちょっと寂しいです。(このオヤヂネタをまだ続けたい方、ご自分で勝手に展開してくださいね。ちなみにパンダは反則技、負けです。)

話は脱線してしまいましたが、新生アルバトロスのパワーアップの新ジャンル、新作のご紹介をしちゃいます「ザ・ダム」も異色ですが、この作品も異色。タイトルは「25名画の秘密」。6月2日発売のDVDですが、世界の名画25点を集めてそれぞれに隠されたストーリーや、秘密を教えちゃいます。誰もが目にしたことのある超有名な作品ばかりなんですが、ここで明かされる絵に込められている真実や意図には「へぇ~」の連発、目からウロコ。謎解きアドベンチャーではないですが、知的好奇心は大いにそそられます。
「ナショナル・トレジャー」見たときも、紙幣をマジマジと見てしまった感化されやすい私でしたが、これから公開される「ダ・ヴィンチ・コード」を見たら『最後の晩餐』を穴が開くほど見てしまうことでしょう。というかお前、本で読んだ時に見ただろがっ!(一人ノリツッコミやってしまいました。)映像化が楽しみですね。5/20公開ですって。

実は私、過去に何度かイタリアに出張しておきながら、運悪く修復作業中だの、ヒマが無いだので『最後の晩餐』の本物を見るチャンスをみすみす逃してました。とうとうミラノのマーケットが消滅したがためにイタリア出張もなくなっちゃったですよ!
この「25名画の秘密」は見たら、心はルーヴル美術館、プラド美術館、ナショナルギャラリーですね。ヨーロッパ中駆けずりまわらにゃならん感じがします。しかし!発想の逆転から言えば、このヴァーチャル美術館では世界の名画が一挙に見られるのでオイシイところだけ楽しめちゃうわけです。
3,990円で行ける名画だけのバーチャル美術館。嗚呼スバラシイ。絵画版あらすじ本ですよ。しかも非常に明快でオモシロイときている。どうしてこういうことを高校の美術の時間に教えてくれなかったのか。そうすれば油絵の時間をサボって先生に見つかって怒られることもなかっただろうに。私の美術の才能も開花したかもしれないのに!ま、種がないから開花のしようはないわけですが。
天才はダ・ヴィンチだけじゃない。名画には名画たる理由があるのです。詳しいことはまたHPにアップしますのでチェックしてみてくださいね!海外にお出かけの方、美術館めぐりをされるようでしたら、これを見てから本物を楽しんでください。見る目が変わりますよ!!

| 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアップしたアルバトロス: