2006.06.16

「ザ・ダム」は「パリ、テキサス」

おかげ様でスマッシュヒットです。「ザ・ダム

見た方の感想を聞くと、良い意味の場合と悪い意味の場合がありましたが一様に皆さん“予想外”な内容だったようです。いろーんな意味で驚愕してます。例えば6/20発売のワンダージャパンと言う、これまた驚愕なムック本なんですがそこに掲載されたDVDレビューで、2度目に見たときにヴィム・ヴェンダースの「パリ、テキサス」を感じたとおっしゃっているではあーりませんか!ライ・クーダー!驚愕…。って言うか正直嬉しい。みなさーん1度で諦めないで2度観ないとダメですよ「ザ・ダム」は!実はロードムービーだったんですね「ザ・ダム」???

驚愕ドキュメントと言えば弊社9/2発売「プロジェクト・グリズリー」

「ザ・ダム」なんてもんじゃ無い驚愕の代物です。思いっきり簡単に説明すると、野生の熊とじゃれあいたいが為に、パワードスーツって言うですか?見た目ガンダムみたいな鎧を着込んで、すったもんだユルユルに奮闘する愛すべき1人の男のドキュメントです。パワードスーツも1号2号と段々バージョンアップしていくんですが、その度に驚愕の“強度実験”をするんですよ。崖から落ちたり、車に激突したり。これが洒落にならん位死にそうなんですよ。あと致命傷なのが、パワードスーツは、もの凄い重量なので、1人じゃまともに動けない。熊の近くまで三人がかり位で運ばれるんですよ。もちろん運んでる人達は思いっきり普段着で、熊ちゃんどうぞ召し上がれな感じ。もう分けわかりません…

あと音楽が良いです!ゆる~いB級カントリーが荒野に鳴ってます。

こんなバカドキュメントも2度見るとヴェンダースに!?

| 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ダム」は「パリ、テキサス」: